『演劇 the コウ』のオフィシャルホームページを管理するまさきが、劇団に関係する・しないに係わらず、管理人の立場も一先ず置いといて、気紛れに残す日々の足跡・・・のページ。
投票してまいりました。
0

    本日は『岐阜市長選挙・岐阜市議会議員補欠選挙』の投票日です。

     

    政治に疎い私は、『投票所入場整理券』が届いたときに、選挙があることを知りました。

     

    なんともお恥ずかしい次第です。

     

    政治に疎い私でも、余程のことがない限り、期日前投票期間と投票日に時間が作れない場合を除き、選挙では投票します。

     

     

    そんなこんなで、投票してまいりました。

     

    8時を回った頃に自宅を出て、キリッと冷えた空気を感じながら、指定された投票所まで歩きました。

     

    まだ、始まって1時間ほどのためか、投票に来た人はほとんどいませんでした。

     

    既に投票を終えたであろうご年配の方が一番多かったかな。

     

    投票所での滞在時間は5分もなかったでしょう。

     

     

    これで僕の投票は終わりました。

     

    あとは成り行きを見守ります。

     

     

     

    ↓ 僕が行った投票所

     

    ↓ 投票所来場証明書

     

     

    JUGEMテーマ:日記・一般

    Posted by : まさき | 日記 | 09:38 | comments(0) | trackbacks(0)
    再就職後初のGW
    0

      GWも残すところあと一日。

       

       

      再就職を果たしてから初のGWでした。

      (過去形にはちょっと早い!?)

      そのGWはどうだったのか。

       

       

      まず、直前まで、GWはカレンダーどおりと思っていました。

      ところがGW数日前、『加藤さん、一日と二日はどうする?』と聞かれました。

      詳しく聞いてみると、

      ・職場のカレンダーでは、その二日間は休みとのこと

      ・仕事の関係で出勤する人はいるけど、休んで良いとのこと

      僕は、即『休みます!』と答えました。

      当然と言えば当然の流れですよね。

      この時点では、棚ぼたの9連休となりました。

       

       

      GW直前の4月28日の朝、喉に違和感が…。

      『ん…!?』と思いつつ、一日の仕事を終えてみると、どこかフワフワした感じがするではありませんか!

      GW初日は楽しみにしていた観劇の予定があり、『今晩中に直して、明日は楽しむぞ!』と思ってました。

       

      早めに休んだ結果…悪化していました。

      頭痛に節々の痛み、止まらない咳などなどなど。

      気力、体力、集中力が無くなり、観劇どころではありません。

      また、無理を押して観劇して、この風邪を広めるわけにはいきません。

      泣く泣くキャンセルの連絡を入れました。

       

       

      この風邪は一進一退(?)を繰り返し、5月2日の朝になっても、発熱からくるのか、どーんとした気怠さを残していました。

       

      ここへきて、内科を受診することを決めました。

      インフルエンザの検査もお願いしました。

      結果は陰性で、いわゆる『風邪』でした。

       

      処方された薬を服用したら、あっという間に、体調は快方に向かいました。

      こんなことなら、もう一日早く、内科を受診するんだった。

       

       

      病院から帰宅した時、玄関前の階段を踏み外してしまいました。

      自分が立っている高さがまだ続いていると思いつつ一歩を踏み出したら、そこは一段低いところ。

      転びはしなかったけど、不意のことで、膝のクッションを使うことが出来ず、そのままガン!と足をついてしまいました。

      その衝撃は膝を通り越し、ビリビリと腰に伝わりました。

      腰に爆弾を持っている僕は、『ヤバい!!』と思ったんです。

      すぐに腰を動かし確認してみると、若干の違和感はあれど、全く痛みはない状態で、ホッとしました。

       

       

      さて、翌朝(3日)、目覚めた時のことです。

      薬が効いたのか、咳は止まり、スッキリした気分。

      起きようとしたら…体が動かない。

      腰が動かないんです。

      階段を踏み外した時の違和感が痛みに変わったんでしょう。

       

      ただ、過去に経験した、ヘルニアやぎっくり腰の痛みとは全く違う痛みでした。

      ゆっくり動かして解していくと、徐々に動くようになり、その時できなかった体勢が出来るようになるんです。

       

      既にGWの後半に入っていたため、整形外科を受診することはできなかったけど、きっと強度の筋肉痛みたいな状態だったんでしょう。

      その痛みは、4日の朝には違和感程度に、5日の朝にはすっかり引いていました。

       

       

      そんなこんなで、再就職後初のGWは、体調不良の状態で過ごしました。

      ずっと自宅で過ごしたわけですが、視点を変えれば、贅沢な時間を過ごしたのかも知れません。

       

       

      これまでの疲れなどが一気に出たのか、今後の体調不良が前倒しに出たのかわからないけど、僕は後者であろうと思ってます。

       

       

      まったく遊んでいなかったので、休みボケはありません。

      明日(7日)は、通常の日曜日として過ごし、月曜日(8日)からしっかり仕事に臨みたいと思います。

       

       

      JUGEMテーマ:日記・一般

      Posted by : まさき | 日記 | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0)
      『ご職業』欄
      0

        観劇の際、パンフレットに挟まれているアンケート。

         

        食事のために入った、ラーメン屋に置かれているアンケート。

         

        映画館のロビーに置かれていた、映画観賞券の応募用紙。

         

        などなどなど、様々なものに『ご職業』欄があります。

         

         

        みなさんはどう書かれていますか?

         

         

        学生さんであれば、『学生』とか、『大学生』『高校生』『中学生』などかな。

         

        社会人であれば、就いている職業でしょう。

         

        僕も当たり前に『会社員』と書いていました。

         

        ところが、ある時からしばらくの間は、『ご職業』欄を前にして、『・・・・・・』となっていました。

         

         

        それは、会社を辞めてから再就職を果たすまでの間…です。

         

         

        そんなに気にすることではないとは思います。

         

        空欄ままでも何の問題もありません。

         

         

        ただ、言いたいことはそう言うことではないんです。

         

        無職の時に『ご職業』欄を目にすると、『お前は働いてないんだ』と指摘されているように感じたんです。

         

        出来る限り視界に入れないようにしてるんだけど、やっぱり入っちゃうんですよね。

         

        空欄のままにしておいたり、斜線を引いたりすることもありました。

         

        就活の後半は、『もうすぐ再就職を果たすから』と、『会社員』と書いたりもしてました。

         

         

        まぁ、どうでもいいことなんですけどね(^^;)

         

         

        ちなみに今は、力強く、『会社員』と書いてます。

         

         

        JUGEMテーマ:日記・一般

        Posted by : まさき | 日記 | 01:24 | comments(0) | trackbacks(0)
        『ハロウザディップ』
        0

          演劇組織KIMYO 第16回公演
          『ハロウザディップ』

          会場:名古屋市東文化小劇場
          日時:10月1日(土) 13:00 / 10月2日(日) 16:00
           

           

          rps20161003_001726.jpg

           

          《本文》

          10月一発目の観劇は、演劇組織KIMYOの『ハロウザディップ』。

           

          ワクワクしながら自宅を出たんだけど、その道中、あらためて開演時刻を確認。

           

          『・・・・・・(言葉を無くす)』

           

          開演は『13:30』だと思ってたのに、実際は『13:00』だったのです!!

           

           

          『ヤバイ!!』って気は焦るんだけど、その焦りに比例せず、車は進まない…。

           

          受付に到着したのは13:40頃。

           

          精算を済ませ席に着くも、当たり前だけど、既に開演していました。

           

          開演に間に合わなかったことで気持ちが焦り、物語においてけぼりを喰らってしまいました。

           

          仕事の疲れなどなどが重なったのか、途中、少しウトウトしてしまったんです(>_<)

           

           

          KIMYOの皆さん、本当にごめんなさいm(__)m

           

           

          楽しめたのは嘘ではありませんが、冒頭を見逃していることもあり、スケジュールを調整して、千秋楽を観ることにしたのです。

           

           

          そして今日(2日)、16:00からの千秋楽を楽しんできました!!

           

           

          10分ほど見逃したと思ってたんだけど、実際は2〜3分ほどでした。

           

          きっと、7〜8分ほど押したんでしょうね。

           

          それに気づき、ホッとしました(^^;)

           

           

          舞台は近未来の日本のようなところ。

           

          テレビやネットが制限され退屈な世の中に、トラブルビジネスなるものを生業とする会社生まれる。

           

          そんな世界の物語。

           

           

          僕が初めて『演劇組織KIMYO』を観たのは前回公演。

           

          気にはなってたけど都合が合わず、なかなか観ることが叶わず、満を持してと言う感じでした。

           

          がっつりハマりました。

           

          そして、今回の公演。

           

          もちろん、がっつりハマりました。

           

           

          『トラブルビジネスを生業とする会社 vs その被害者の会』と言う構図だったところに国が介入。

           

          『紛争ビジネス』に発展していく…。

           

          そこに登場人物の思いが折り重なって、深みのある作品になっていました。

           

          今の世の中をうまく織り込んでる感じで、いろいろと考えさせられました。

           

           

          『ハロウザディップ』は2時間ほどのお芝居。

           

          若い劇団なだけに、そのスピード感とパワーはかなりのものでした。

           

          だけど、そればかりではなく、見せるところはしっかり見せている。

           

          流石です。

           

           

          僕が観た2回は、終演後にイベントがありました!!

           

           

          10月1日(土) 13:00 は『ステージアドベンチャー』

           

          演出の宮谷さんと舞台美術の岡田さんがアフタートークをする中、申し込んだ観客が、舞台裏を巡ると言うもの。

           

          出来る限り邪魔にならない形での舞台美術。

           

          流石、保さんです!!

           

          アフタートークはほとんど聞こえなかったけど、舞台裏を見ることが出来て良かったです(o^^o)

           

           

          10月2日(日) 16:00 は『ウルトラパーティー』

           

          本編に出演していない3人が、短編の『ジュール』を上演。

           

          セリフが終始リズムを刻む、ちょっと実験的な芝居。

           

          とっても面白かったです。

           

          その後はプレゼントタイム(?)!!

           

          3セットのプレゼントが用意され、出演者とのじゃんけんで、勝者を決めると言うもの。

           

          残念ながら、勝者にはなれませんでした(^^;)

           

           

          こちらは、東京仕様の舞台美術の模型です。

          rps20161003_001458.jpg

           

           

          アップにしたものがこちら。

          rps20161003_001637.jpg

           

          名古屋公演と比べて、間口は半分ほどしかなかったそうです。

           

           

          10/1に入手したもの。

          rps20161003_001818.jpg

           

          台本1冊とCD3枚。

           

           

          10/2に入手したもの。

          rps20161003_001846.jpg

           

          CD2枚とDVD2枚とTシャツです。

           

          2日間で大人買いしちゃいました(^_^;)

           

           

          JUGEMテーマ:演劇・舞台

          Posted by : まさき | 観劇雑記 | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0)
          『トランジット・ルームii』
          0

            皆様と共に走るてんぷくプロ 第38弾
            『トランジット・ルームii』

            会場:七ッ寺共同スタジオ
            日時:10月1日(土) 19:30
             

            rps20161003_001911.jpg

             

            《本文》

            縁あって、てんぷくプロの方と会う機会がそれなりにある。

             

            しかし、公演を拝見したことがあるのか…と、ホームページの活動記録を見返してみた。

             

            拝見した公演は、

             

            2004年

            てんぷくプロ・単3ホルモン電池合同公演『サンダルビーチ2』

            (於:G/pit)

             

            2007年

            演劇博覧会カラフル2参加作品『France』

            (於:長久手文化の家・風のホール)

             

            の二作品のみ。

             

            今更ながら、どの作品も観ておけばよかったと感じています。

             

             

            『サンダルビーチ2』での思い出は、終演後に話しかけていただいたこと。

             

            拝見したのはその日の最後の公演で、僕はアンケートを書いていて、いつの間にか最後の客になっていました。

             

            それに気づきちょっと焦った時、『打ち上げに参加しませんか?』と誘われたんです。

             

            今だったら『是非!』と参加するんですが、当時は丁重にお断りしたことを記憶しています。

             

            こちらも、今更ながら…と感じています(^^;)

             

             

            話しが脱線しっぱなしでした(>_<)

             

             

            さてさて、今回の『トランジット・ルームii』はと言いますと、『トランジット・ルームって何?』と言う部分もわかっていませんでした。

             

            観劇前に予備知識を出来るだけ入れないってこともあるけど、持っていた知識も結びついていなかったんです。

             

            ところが、会場に入って装置を目にした瞬間に、『あ、そっか!!』と理解しました。

             

             

            トランジットは、複数の航空機で目的地へ向かう途中、何らかの理由で、一時的に他国の空港に立ち寄ること。

             

            その『ルーム』ってことだから、まぁ言ってみれば、『待機部屋』ってことですよね。

             

            その『トランジット・ルーム』で巻き起こる物語なんだな…とね(^▽^;)

             

             

            舞台装置にはそれを思い起こすようなものはなく、何が理解させたのかわからないけど、なんとなく衝撃的な瞬間でした。

             

             

            登場人物はエジプトツアーのツアー客とその添乗員。

             

            エジプトの空港のトランジット・ルームで、既に4時間(だったかな?)待たされているところから物語が始まりました。

             

            エジプトの水が合わなかったのか、ツアー客のほとんどはお腹を壊していたようです。

             

             

            僕はツアーで旅行したことはないんだけど、待たされているツアー客ってこんな感じなんだろうなって状況がそこにありました。

             

            既に読み尽した新聞なのに、空いた時間を埋めるために、また同じ新聞を読む。

             

            袖口のちょっとしたほつれなのに、空いた時間を埋めるために、それを繕う。

             

            何かで長時間待たされる時、そんな状況になるってありますよね。

             

             

            まったりとした感じ、間を楽しむかのような感じに、ゆったりと始まった芝居。

             

            歴史のある劇団で、出演者の年齢層もちょっと高め。

             

            そんな劇団だから、間を楽しめる芝居が出来るんだろうなって感じてました。

             

             

            それに、登場人物それぞれに、『そうそう、こんな人いるよね!』って思えるところが面白かった。

             

            残念ながら、パンフレットがないから、登場人物の名前は忘れてしまったけどね。

             

            ツアー客の面々は、日常から切り取られたような感じだったのに対し、添乗員は非日常な感じだったところもいい。

             

            たぶん、ツアーが順調に進んでた時は愛想のいい女性だったのでしょう(と思ってる)。

             

            ところが、トランジット・ルームで長時間待たされ、ツアー客は勝手にそこを抜け出す。

             

            そんな状況が彼女を無愛想にさせたんでしょう(と思ってる)。

             

            ツアー客から質問がある度に、不愛想に『○○○と思います』と答える。

             

            観てるこちらもその状況にイラっとさせられるんだけど、それがまた面白い。

             

             

            全体的にまったりとした雰囲気に包まれてたんだけど、その底に流れるパワーは相当のもの。

             

            それが観客を引き付けたのでしょう。

             

            集中力を切らしたような雰囲気は客席にありませんでした。

             

            1時間45分があっという間って感じでした。

             

             

            終演後、楽屋での当日打ち上げにお邪魔しました。

             

            やっぱり、『いいなぁ〜♪』って感じで、おもいっきり楽しませていただきました(*^▽^*)

             

            その打ち上げで、新たな『縁』もいただきましたから♪

             

             

            19:10の会場の少し後に七ッ寺共同スタジオに入り、後にしたのは23:00少し過ぎ。

             

            楽しい4時間でした(o^^o)

             

             

            JUGEMテーマ:演劇・舞台

            Posted by : まさき | 観劇雑記 | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0)
            忙しい毎日が変わりそうな雰囲気。
            0

              つい先日、再就職の報告をした。

               

              その中でサラッと書いたが、今勤める職場は、兎にも角にも残業が多い。

               

               

              稼働開始直前は次のとおり考えていた。

               

              『久しぶりの仕事だから、リハビリも兼ねて、1ヶ月くらいは定時で帰らせてもらおう』

               

               

              ところが、その思いが実現したのは、稼働開始日のみだけだった。

               

              翌日の終業時刻は20:00頃、その翌日は21:00頃と、まぁ残業の毎日がスタートしたのだ。

               

               

              何故残業が多いのか?

               

               

              僕がその会社に派遣された “理由” が問題だったのだ。

               

              その理由はこうだ。

               

              『スケジュールから遅れてるプロジェクトへのマンパワーの梃入れ』

               

              僕が入る時には、そのプロジェクトのお尻には火がついていたのだ。

               

              だから、加わってすぐに残業が発生していたのだ。

               

               

              通院している心療内科の主治医からは次のとおり言われている。

               

              『許可を出すまでは残業禁止』

               

              なんのなんの、休日出勤までこなしている。

               

               

              何故そんなことが起こってしまうのか?

               

               

              聞こえてくるいろんなことをまとめるとこうだ。

               

              今派遣されている会社の仕事を受ける時、営業マンはこう聞いていたのだ。

               

              『生産性の悪い人がいて、その人の仕事を手伝ってほしい』

               

              まぁ、そんな話しを聞けば、一人で1ヶ月かかる仕事を二人がかりで1ヶ月で終わらせる、そう受け止めても仕方のないこと。

               

              現実は乖離していて、その人は1ヶ月の仕事を2ヶ月かけていたようで、溜まってしまった2ヶ月分の仕事を二人がかりで1ヶ月で終わらせると言うもの。

               

              単純計算してしまうと、『問題なし』なのだが、そうじゃない部分がある。

               

              どういう基準でスケジューリングしているのか知る由もないが、例えば一週間かかる仕事2日間で終わらせる、そんな感じでスケジューリングされているのだ。

               

              それを考慮すると、3ヶ月分の仕事を二人がかりで1ヶ月で終わらせる…そんな状況が発生していたのだ。

               

              これじゃあ、残業続きの毎日でも仕方のないことだ。

               

               

              仕事を始めた頃は、毎日ヘロヘロになっていた。

               

              しばらくすると、残業や休日出勤にも身体が慣れた。

               

               

              そして現在。

               

              長かったトンネルはいつの間にか通り抜け、あと少しで目的地に到着すると言ったところ。

               

              明日(29日)、残作業を終わらせれば、そのプロジェクトは終わる。

               

               

              定時で帰ることが出来る日も近い…と思う。

               

               

              ちなみに、僕の就業時間は8:20から17:05の7時間45分。

               

              定時で仕事を終えると、公務員並みの時間で帰ることが出来る。

               

              空いた時間は、冬公演へ向けて使うことになるだろう。

               

               

              JUGEMテーマ:日記・一般

              Posted by : まさき | 日記 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0)
              みずほ演劇祭2017に参加いたします。
              0

                諸事情あって、演劇theコウは、2014年、2015年、2016年のみずほ演劇祭への参加を辞退してきました。

                 

                それぞれがどんな理由だったのか。

                 

                まぁ、それは割愛します(^^;)

                 

                 

                みずほ演劇祭2017は、人を集めて、過去に上演した作品の再演を目論んでました。

                 

                機会があれば、『演劇theコウの公演に出演しませんか?』って声をかけていました。

                 

                だけど、上演作品が決まっていなかったことが原因なのか、そのほとんどが『社交辞令』となっていました(>_<)

                 

                 

                それならってことで、二人芝居の作品を探し、2作品ほどストックしました。

                 

                それを持って、一緒に芝居をしたいと思ってた役者に声をかけたんだけど、事情あって撃沈…。

                 

                 

                そして行き着いた結論は『一人芝居』でした。

                 

                 

                そうなんです。

                 

                演劇theコウはみずほ演劇祭2017へ一人芝居で参加します!!!

                 

                 

                ショートドラマ枠への初参加。

                 

                20分強を僕一人の力でもたせることが出来るのか!

                 

                たぶん、全てのことがチャレンジになることでしょう。

                 

                 

                現時点、上演作品は未定。

                 

                決定次第報告と言うことで。

                 

                 

                まずは、身体作りからスタートです。

                 

                 

                JUGEMテーマ:演劇・舞台

                Posted by : まさき | 劇団 | 00:53 | comments(0) | trackbacks(0)
                再就職の報告。
                0

                  SNS上では報告を済ませたが、ブログには書いてなかったので、あらためて報告します。

                   

                  再就職を果たし、8月4日より、働き始めました。

                   

                  間もなく2ヶ月が経過しようとしてるタイミングの報告です。

                   

                  滅茶苦茶遅いですね。。。

                   

                   

                  前職を辞めてからこちらを書こうと思ったけど、情けない内容になったから全て削除!!

                   

                  最近のことだけ書きます(^^;)

                   

                   

                  就職した会社を見つけたのはマイナビ転職。

                   

                  5月18日に応募し、6月14日に面接を受けました。

                   

                  面接では手応えがあり、契約社員として仕事を探してもらうことになったんです。

                   

                   

                  この頃、正社員への拘りを捨て、契約社員も視野に入れてて、既に数社に仕事を探してもらっている時期でした。

                   

                  今思い返すと、その会社の担当者は、ほかの会社の担当者に比べ、フォローが厚かったと感じてます。

                   

                   

                  7月下旬に紹介されたのは大垣市の会社の仕事。

                   

                  面談は7月27日。

                   

                  面談ではどこか気圧された感じがあり、先方から良い返事がもらえたと連絡をもらっても、どうしようか迷ってしまいました。

                   

                  そして7月29日。

                   

                  その会社の担当者と電話で話しているうちに迷いが吹っ切れて、『話を進めてください』とお願いしました。

                   

                  それからあっという間に時間が過ぎ、8月4日から、大垣市の会社でお世話になることになりました。

                   

                   

                  今の僕の立場(?)は、名古屋の派遣会社と契約社員として契約し、大垣市の会社に派遣されています。

                   

                  大垣市の会社の立地条件もあり、通勤は車を使ってます。

                   

                  人員不足のプロジェクトに入ったこともあり、気になるのは残業の多いところ。

                   

                  それも2か月近くが経過し、慣れてきました。

                   

                  (本当は、慣れない方がいいんだけどね)

                   

                  もちろん、職場環境、人、仕事にも慣れました。

                   

                  仕事のペースも掴めたようにも感じています。

                   

                  あとは結果を出せるような仕事をしないとね。

                   

                   

                  もしかしたら、それは考えなくてもいいのかも知れません。

                   

                  初めての『契約社員』と言う立ち位置の焦りなのかも知れません。

                   

                  まぁ、いずれにしても、一つずつステージをクリアしようと思ってます。

                   

                   

                  最後にどうでもいいことですが、求人への応募総数は延べ187社でした。

                   

                   

                   

                  JUGEMテーマ:日記・一般

                  Posted by : まさき | 日記 | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0)
                  久しぶりに MacBook Pro を使う。
                  0
                    昨日(15日)、久しぶりに MacBook Pro を立ち上げた。

                    3ヶ月くらいは電源を入れてなかったと思う。



                    ログイン画面が表示されて、いざログインしようとしたら、パスワードを忘れてしまっていた。。。

                    早々に、Windows の PC からアップルのサイトを訪れ、Apple ID のパスワードを変更した。



                    ログイン画面でパスワードを入力して Enter を押下すると、もう一度ログイン画面が表示された。

                    『ん???』

                    ただ、ログイン画面の状況は違う。

                    1回目のログイン画面には僕のアカウントしか表示されていないのに対し、2回目のログイン画面にはゲストアカウントも表示されているのだ。


                    2回目のログイン画面でパスワードを入力して Enter を押下すると…はじかれてしまう。

                    ログインを数回試すと、『Apple ID のパスワードです』と言った感じのヒントが表示された。

                    入力していたのはそのパスワードなのに…。



                    Windows の PC から、『ログイン画面が2回表示される』などのキーワードで検索して、いろいろと試してみたけど解決しなかった。

                    この時点で就寝時間をかなり過ぎていたこともあり、ここでタイムアップとした。



                    そして今日(16日)、再チャレンジしてみた。

                    やはり、いい結果は得られない。

                    ググって得られた解決策も尽きたこともあり、サポートに頼ることにした。



                    電話の向こうは物腰柔らかい男性。

                    ログイン画面が2回表示されること、各ログイン画面で表示されるアカウントが違うこと、1回目のログイン画面はクリアーするけど、2回目のログイン画面から進めないことなどを伝えた。

                    状況は呑み込めたようで、電話の向こうから、的確な指示が貰えた。

                    30分も経たないうちに、2回目のログイン画面を通過することができた。



                    ただ、別の問題が発生した。

                    『ログインキーチェーン』に不具合が発生したのだ。

                    状況を伝えると、担当の男性は、『直接画面を見て対応したいから日をあらためて電話をお願いします』とのこと。

                    Windows で言う、『リモートログインする』ってことなんでしょうね。

                    担当の男性の申し出を承知して、電話を切った。



                    今回の件で、Mac のログインについていろいろと調べたわけだが、多くの情報が出てきた。

                    それだけ、Mac のログインは不安定ってことなんだろうか?


                    ま、今後はログインする頻度を多くすることで対応しようと思う。



                    明日(17日)、再度サポートへ電話をして、ログインキーチェーンの不具合をクリアしたら、気持ち良く使えるようになるってことだ。


                    JUGEMテーマ:日記・一般
                    Posted by : まさき | 日記 | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0)
                    就活状況〜その2
                    0
                      ゴールデンウィークが終わってから、あっという間に数日が過ぎた。

                      仕事をしてないから、ゴールデンウィークは、僕にはあまり関係はなかったかな。

                      ハローワークがカレンダーどおりに休みだったため、転職サイト中心に求人をチェックしたくらいだ。



                      現時点の就活状況は次のとおり。

                      (1) 問い合わせを含め、何らかアクションを起こした求人 … 60社

                      (2) 応募した求人 … 52社

                      (3) 応募NG、書類選考落ち、不採用、辞退 … 30社

                      (4) 現在進行中の求人 … 30社 ⇒ (1) − (3) 


                      現時点、30社の求人が、書類選考中、面接待ち、面接結果待ちのいずれかと言うことだ。



                      それで、この一週間ほどは、面接週間なのだ。

                      5月6日(金) … 1社
                      5月9日(月) … 1社
                      5月10日(火) … 2社
                      5月11日(水) … 1社
                      5月12日(木) … 2社  ← 現時点、ここまで終わってる
                      5月13日(金) … 2社
                      5月16日(月) … 1社


                      緊張する時間が続くため、はっきり言って、おもいっきり疲れている。

                      今朝(12日)起きた時、あまりの疲労感に、何か理由を作ってリスケしてもらい、一日休みにしようかと考えちゃったくらいですわ。

                      まぁ、そんな思いはぐっと押さえつけて、しっかり面接を受けてきたんだけどね(^^;)



                      さてさて、疲労感を押さえつけて面接を受けてきた今日、ちょっとしたトラブルがあったんだ。

                      『電車の運賃 > 駐車場代』だから、名古屋へは車で出てるのね。

                      調べておいた駐車場に車を停めて、1社目の会社へ向かっている時のこと。

                      足元で『バリッ!!』って音が聞こえたんだ。

                      何を踏んだんだろうと足元を見てみると…左足の革靴の靴底が、踵から土踏まず辺りまで、剥がれてたんです。


                      『えぇ〜〜〜〜〜っ!!!(;゚Д゚)』


                      場所は面接を受ける会社が入るビルの前。

                      時間はあと5分で指定された時間。

                      どう考えても、手当てをする手段も時間もない。


                      ってことで、1社目は、そのまま面接を受けました。

                      担当の方に、『大丈夫ですか?』と心配されつつ…。



                      面接が終わった後、どうするかを思案。

                      その結果、『靴を購入する』ことに決定!!!


                      近くの靴屋へ飛び込んでみると、いい靴はあったんだけど、いかんせん値段が高過ぎる。

                      その店で購入することは諦める。


                      庶民的な靴屋(?)がどこにあるかを考える。

                      ふと頭をよぎったのは、次面接を受ける会社の近くに靴屋があることだった。

                      1社目の面接が意外に早く終わったため、靴を買う時間はある。

                      善は急げってことで、車で移動。


                      頭の中に浮かんだ靴屋は、ありました!

                      近くのATMで資金を調達し、靴屋へ飛び込みました!

                      10分ほどで靴を選んで、速攻で購入!


                      靴を購入したことで、ほっと一息。

                      落ち着いて、2社目の面接を受けることができました。



                      自宅を出る時に履いてた革靴。
                      rps20160513_013519.jpg



                      無残にも靴底が剥がれてしまいました。
                      rps20160513_013600.jpg



                      こちらが、新たに購入した靴です。
                      rps20160513_013621.jpg



                      靴屋さんの店員に聞いたところ、

                      ・長いこと履いていなかった靴

                      ・湿気が多いところに合った靴

                      などなどなどが、靴底が剥がれる原因になるそうです。


                      皆さんもお気を付けください。


                      JUGEMテーマ:日記・一般
                      Posted by : まさき | 日記 | 01:42 | comments(0) | trackbacks(0)
                      TOP